お部屋探しの条件

マンションに一人暮らしをする際に重視する点は,

・日当たり

・ゴミ置き場

・エレベーターの有無

です。

いくら家にあまりいないといっても,太陽の光があまり入ってこない部屋ではだんだんと気が滅入ってきてしまうからです。できるだけ南向き(南西,南東でも可)の部屋を選んでいます。

ゴミ置き場は,まずゴミ置き場の近さ、ゴミにネットをかけるだけなのか、ゴミを捨てる小屋があるのか等を内覧するときに注目しています。ゴミにネットをかけるだけの場合、絶対に当日の朝に捨てなければなりませんが、ゴミ用の小屋がある場合は、前日の夜に捨てることもできますし、住人以外にゴミを見られる心配もありません。

エレベーターは引越しや大きな家具を運ぶ場合に、ないととても大変です。特に女性の場合、食材等をいつもより多く購入してしまった場合でも、エレベーターがあるとあまり苦労なく部屋まで荷物を運ぶことができます。

インターネットに関しては

私が渋谷で部屋探しをするとき、まずはインターネットでスーモを検察しこれから引っ越す地域の家賃の相場を調べます。それから理想とする条件で絞り込み該当する物件の写真や立地条件、駐車場有無等を調べます。その後に同じ物件が他社で取り扱っていないか調べ、料金を比較し安い方を提示している不動産会社へ行きます。お店でも同じ様に条件を伝え絞り込み該当する物件をいくつか見せてもらいます。インターネットでは載せてない物件も出てくるので必ず1度不動産会社に直接行きます。気になった物件を何軒か直接家の中を見させてもらい気にいる物件が出でくるまでこれを繰り返します。気にいる物件が見つかったら、再度インターネットで同じ物件を取り扱ってる会社があるか確認し条件が同じか見てから料金の交渉をします。

部屋に行ってみることは大切だ

部屋を探す時は、まず駅から近いか、職場から近いか、ペット可の賃貸
などを考慮して、大体の地域を絞ります。そのあと、ネットで賃貸物件を探して大体の家賃相場を見てみます。そして、いくつかいい物件があったら、賃貸の不動産屋に行って、詳しい部屋の情報を聞きます。あと、その地域近辺の治安状況なども聞いてみます。大体の不動産屋さんは、部屋に案内してくれるので行ってみます。入った時の部屋の雰囲気や、窓からの景色、騒音や日当たりなどもよく見ます。あと、駅からの道のりや、車が通れる十分な広い道があるか、というのも気になります。実際に行ってみると、すごく臭いが強くて頭痛がするような部屋もあるので、行ってみることは大切だと思います。
あと、上下左右の部屋に人が住んでいるか、音などはしないかも、チェックします。

駅近くの物件は防音を重視

高円寺で部屋探しをしていた当時は自宅のある練馬(埼玉寄り)から高円寺の会社に通っていました。
なので、少しでも通勤時間を短縮したいと思ったのもありますし、杉並区の賃貸なら練馬に比べて賑やかな街でしたので単に“住みたい”と思ったのもあります。
条件はズバリ“駅から近い事”(会社が駅の近くに在ったのと、電車に乗って遊びに行く為です)
しかし、駅から近いと云う事は電車の騒音も煩いと云う事で……
それに夜遅くまで仕事なので、帰って来たときの足音が階下や隣室に迷惑でないか?など
防音という面も重視していました。
日当たり等はあまり気にしませんでしたね。
あとはなるべく築年数が若いアパートで小綺麗な部屋がいい。と思っていました。
その他は、一応女性ですので(笑)変な人が近隣に住んでいないか?なども気にしていました。

一人暮らしにぴったりの高円寺

私が初めて東京で一人暮らしを始めた場所が高円寺でした。母が学生の頃に住んでいて馴染みがあったことと、中央線沿いに大学があったので迷わず高円寺で部屋探しをしました。高円寺はお年寄りと若者がバランスよく混在し、うるさ過ぎず静か過ぎず、都会なのにどこか懐かしい感じのする高円寺は、私にとって第二の故郷のような存在になりました。昔ながらのお店と、若者向けの新しいオシャレなお店が混在する商店街は休日一人で歩いていても寂しくないところです。また家にいても、8月の阿波踊りに向けての練習の音が聞こえてきたり、街全体が暖かい雰囲気に包まれています。とにかく高円寺が気に入って、大学卒業後も10年くらい住んでいました。一人暮らしなら、オシャレな感じの1DKが8万円くらいで駅近で借りられます。カードの現金化を利用すれば安心して、敷金や礼金を支払いするので、手元に現金がなくても、引っ越しができます。土日祝日に中央線快速が止まらないのがちょっと残念でしたが、それでも総武線で10分くらいで新宿まで行けます。高円寺は一人暮らしの方に特におすすめです。

Swiftray Theme Powered by WordPress